• 1.
  • 2.
  • 3.
  • 4.
  • 5.
  • 6.
  • 7.
  • 8.
  • 9.
  • 10.
  • 11.
  • 12.
  • 13.
  • 14.
  • 15.
  • 16.
  • 17.
  • 18.
  • 19.
  • 20.
  • 21.
  • 22.
  • 23.
  • 24.
  • 25.
  • 26.
  • 27.
  • 28.
  • 29.
  • 30.
  • 31.
--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/20 (Tue)

最後の歌

戻らない昨日たち 本当にね ありがとね さびしいなあ
まだ見ぬ明日たち 今いくね よろしくね 嬉しいなあ

叶わない願いたち 本当にね ごめんね いつかきっと
叶えられた想いたち ありがとね これからも ずっとともに

小さな鼓動 震えるたび 思うのは 僕があなたを守るから

今僕が生きているということは 今僕が幸せだということ
今僕が笑ってないとしても 今僕が生きている それだけで
幸せだということ

出会えない命たち 君の分も 僕はきっと がんばるよ
交わしたこの約束たち 離さないよ 忘れないよ 約束しよう

いつかこの世の誰もが言えるのかな 「僕はもう何も望みはしないから」
小さな夢を 次から次に 描いては捨てていくのは 本当はもうこれ以上何もいらないから

      最後の歌/RADWIMPS



 

スポンサーサイト

日々 | trackback(0) | comment(3) |


2008/12/04 (Thu)

手と手をつないで。

新しい日々が始まり数日。
生活が一気に変わり少し疲れぎみです。。
毎日11時前には寝てます。
そして朝6時に起きるという今までの自分には考えられない毎日。
それでも子どもの笑顔に癒される日々。
毎日が充実してます。

すぐに表情が変わる子どもに楽しみながら勉強しつつ、イライラしながら勉強してます。
改めてこの道を志して良かったのかと問われれば、良かったと思わずにはいられません。
誰に何と言われても。
向いているのかと問われればどうかわからないけれど。

以前やっていたバイトでは得られない経験と感動だなぁと、始めて間もないけど思っています。
始めてすぐに感じているのだから、これからもっと経験と感動が増えていくんだろうな。

この仕事に就くことを目標にして今勉強をしているけれど、実践がとても大切だと感じます。
尊敬できる人たちの下で勉強できる日々が幸せです。

わからないことがたくさん有りすぎて、何が正しいことかもわからずですが、これから自分がどんな風に変わっていけるのか楽しみです。
早く子どもたちに心を開いてもらって、バシバシぶつかってきて欲しいな。

毎日が勉強で濃い一日。
あっという間の一日。
笑顔が絶えない一日。
意味のある一日。

今日尊敬している先生に、
「家族のようにまとまって、連携をとって、足りない部分を補い合えるようにしていくんだよ」
と言われて、自分もこの家族の一員として認めてもらえたのだと思って嬉しかった。
家族の一員として頑張っていかなくてはいけないと思いました。

最初は、自由に自分がやりたいようにやってもいいと言われたので、早く慣れて、いろいろ試していきたいです。



思ったことは、いつも誰かに助けられ、支えてもらっているということ。

素晴らしい人間になりたいな。



「僕にはできない事
君にはできる事」
「君にはできない事
僕ならやれる事」
きっとたくさんあるからね
きっとたくさんあるからね
だからもうちょっとだけ
前へ進んでみようぜ
そして手をつなごう!
いいかい?
僕でいいなら力を貸すからね
だから手をつなごう!
いいかい?
無理はしないでね
大丈夫少しずつ歩いていこう
ラララ… ラララ…

      手を繋ごう/太陽族


 

日々~学校~ | trackback(1) | comment(0) |


2008/11/29 (Sat)

軌跡と分岐点

バイトの送別会をしてもらいました。

2年と2ヶ月働いた職場に行くことも、職場の人たちと会うこともいっきに減るのだろうと思うと寂しいです。
会おうと思えば会える距離だけど、新しい生活の中でその余裕も失ってしまいそうです。

様々なことを経験できて、仕事に対する考え方、人との付き合い方やまとめる力が少しはアップしたのかな。

みんなの優しさに支えられて、自分の力に変えることができました。

全部で従業員が20人くらいのお店で途中社員がいない時期もあったけど、それで成長できたことがたくさんあると思います。

別れは寂しいけれど、これからの出会いに向かい、これからの経験に向かい進むとき。

パートのおばちゃんたちが泣いてくれていたのも印象的だったけど、店長が泣いてくれたのが余計に嬉しかった。
人が環境を作るし、環境が人を作る。
恵まれた環境だったのか、自分でその環境にしたのか…どちらでもあるのだと店長に言われました。
人柄だとも、本当ならもっと一緒に働きたかったとも。

涙がぶわー。。。


送別会では花に始まり、カバンやらマフラーやらハンドタオルやらジャージやらをもらいました。
みんな僕の好みをよくご存知で。

店を異動した社員さんも店を辞めた元バイトも来てくれました。
企画をしていろいろな人を呼んでくれた社員さんにとても感謝。

こんなに多くの人に見送ってもらえる自分は幸せ者だと実感しました。
そして初の胴上げというものも経験させていただきました。


二次会で社員さん3人とカラオケに行って、そこで歌をプレゼントしてもらいました。
涙目になりながら聞きました。
そしたら他の二人もかぶせてきて、
同じ曲を3回聞きました。
そんなバカなことをしてくれる社員さんがいてくれたから楽しく働いていけたんだなぁ。
優しいパートのおばちゃんがいてくれたから、
若くて力のあるバイトがいてくれたから、
何をするにもまずは僕のやり方を許してくれた店長がいたから働けた。

これからもっともっと自分を高められるように生活していかなきゃ。

みんなに自分の夢のために頑張れと背中を押してもらって、何かあれば近況を報告がてら遊びにこいと言ってもらい、自分の夢はいろいろな人に支えてもらえているから実現できるのだと心から思います。

次の職場でも精一杯頑張ります。
夢に近づいてるよ。


どんなに小さなつぼみでも
凍える冬を超えればほら
春が来るたびに 鮮やかな花が咲くのだから

あなたが今日まで歩いてた
この道まちがいはないから
春には大きな 君が花になれ

見送る友の顔に目を伏せ走り出す窓に
もう戻れない
その不安を希望だけじゃ断ち切れないでいるけど

今 君は 門出に立ってるんだ
遥かなる道をゆくんだ
誇り高き勇者のよう
風立ちぬ その道のどこかで
君を探してるんだ 誰かが君を待ってるんだ
思い描く夢のもよう いつの日にか その目に映せ

どんなに大きなつぼみでも
凍えて冬に負ければほら
春の風さえも浴びぬまま枯れてゆくのだから

寒さに負けないで
あなたの足跡 誰かがたどるよ
いつの日にか 春の風になれ

現実と夢が今 遠くかけはなれていても
そう 無駄じゃない その姿を 遠い場所で 誰かが見てるのさ

         YELL/コブクロ



 

日々~バイト~ | trackback(0) | comment(0) |


2008/10/30 (Thu)

冬風。

冬を感じさせる風。
どこから吹いてくるのかな。
薄着の自分には少し寒くて、でも心地よい。
これからどんどん寒くなっていくんだ。

季節が変わる度に感じるものがあって、
それは懐かしさであったり寂しさであったり希望であったり。

人それぞれ感じるものは違う。
でも感じる。
人の感性って素晴らしい。
人が何かを感じる力。
幸せを感じる。
不幸を感じる。
優越を感じる。
劣等を感じる。
好きを感じる。
嫌いを感じる。
希望を感じる。
後悔を感じる。
憎しみを感じる。
慈しみを感じる。
愛を感じる。
感じることができることが嬉しいと感じる。

人に生まれて人として生きる。
人と付き合い人と別れる。
人として生き続け人として死ぬ。


何もわかっていない自分も人として生きる。
ちっぽけな自分。
だけど生きることは大切だと思う。
これまでの生きてきた道程。
これから生きていく道程。

たくさんのことを感じ、
たくさんのことを知っていけますように。



 

日々 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/19 (Fri)

ヒトリゴト




夏が終わって秋の匂い。
風の冷たさが心地よく。

暗い部屋、
窓を開け放ち布団に入ると、
涼しい風と共に入ってくるのは秋を告げる虫の声。



遠くで救急車の音が聞こえる。
この世界の、
この国の、
この街のどこがで、
誰かが怪我をしているのか。
誰かが病に倒れているのか。

自分とは関係なく時は流れ、
自分とは関係なく人々は生活をしている。


自分が関わりを持ってきた日本の人口の0、0001%ほどの人。

一度きりの出会いもあれば、
今も繋がりを持ってる人もいる。

激しい雨が降っている場所がある。
晴れている場所もある。
それも同じ地球。


今まさに亡くなる人がいれば、
今まさに生まれくる命がある。

仕事をしている人がいれば、
遊んでいる人がいる。

眠りに就く人がいれば、
起きだす人がいる。


世界中で平和を祈っている人がいる。
けれど戦争が起きている。
豊かな生活をする国があれば、
飢えに苦しむ国がある。


この世界のほとんどは有力者(支配者)と一般者(従属者)でできている。


この世界は自由を求めている。
支配からの解放を求めている。
平和を求めている。
平和のための戦争をしている。

しかし戦争によって本当の平和が来るとは到底思えない。
本当に平和のための戦争であるなら、
武器よさらば。
ミサイルなんていらない。
銃なんていらない。
人を殺す兵器なんていらない。


日本人のいう自由ってなんだろう。

そもそも自由ってなに?
今までの歴史が積み重ねてきた平等な世界?
自分のしたいことが好き勝手にできる世界?
誰にもしたいことを邪魔されない世界?

みんなひとりでは生きていけないのに。
結局どこかの集団に属することを願うのに。

自由は自分の心が決める。

今の僕は自由。

好きなことを勉強して、
好きなアルバイトをして。
好きな音楽を聴いてる。


本当はみんな自由なんじゃないのかな。
確かに仕事でストレスが溜まったり、体を壊したりしてしまうけれど。
就職が簡単にはできない世の中だけど。

それは自由に生きてきた故の結果ではないのかな。

ヨクもワルクも。。

自由に生きるために働かせてもらってるという気もする。
お金を得ることを前提としてね。
人それぞれ考えは違うけれど。

自由を生きること。
不自由を生きること。
どちらも紙一重で、
他から不自由だと思われても自由だと思って生きている人がいる。
他から自由だと思われても不自由だと思って生きている人がいる。

結局は自分の心次第。

そんな自由とか不自由を思っている心。
それでもきっと、
きれいな夜景を、きれいな花火を、
心底陶酔できるものを見ているとき、
何も考えず綺麗だと思えるんだろうな。

この世のしがらみを忘れて幸せな気分に。

世界の人々が一瞬でも思えるときがありますように。

僕のヒトリゴト。



  

日々 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。